top of page
検索
  • Tomoki Shinomiya

とても珍しい天然の総市松表を使いました

現在、ほとんど生産されていない珍しい材料を使わせていただきました。

通常の市松表は真ん中は市松模様になっておらず、縁際にかけて徐々に市松模様になっているのですが、こちらの材料はすべて市松模様になっているものになっており、不変色のい草と天然のい草の市松模様に織り込んだ畳表になります。

色の変わらない加工がさせているい草と天然ものを使っているため、最初は色の違いが曖昧ですが、天然のい草が日に焼けることにより、徐々に色のコントラストが出てくるような材料になっております。


近年では、化学表(和紙や樹脂製)の普及によりこのような特殊な畳表はとっても少なくなっており、特に関西圏と比べ、関東圏ではより少ないそうです。

丈夫で色の変わらず、いろいろな色から選べる化学表もよいですが、やっぱり国産の天然表は最高ですね!







三郷市周辺(吉川市、越谷市、草加市、松伏町、流山市、野田市、松戸市、足立区等)の畳替え、襖の新規・張り替え、障子、網戸、和室丸々リフォームもお任せください!

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page